ちょっと高級そうな展示ディスプレイの作り方



こんにちは、電気女子です。
普段はアクセサリー封入用の小型LEDモジュールを作っておりますが、それを実際に封入したレジンアクセサリーを時々展示会で販売したりしています。

アクセサリーの展示即売会ではディスプレイがとても大事になってきます。

安い価格設定のものをたくさん売りたければ、大量にごちゃっと並べてワクワク感を演出。
高い価格設定のものをしっかり売っていきたければ、少量を丁寧で高級そうなディスプレイで展示する必要があります。

私はモジュールを封入している事もあり、どうしても完成品の価格が高めになってしまうので、後者のディスプレイを目指しています。

参考にしているのはこちらのサイトです。

ジュエリーディスプレイセット、 ジュエリーディスプレイラック、 販売のためのジュエリーのショーケース

販売のためのジュエリーディスプレイ用のジュエリーディスプレイセットラック

ディスプレイセットを販売している会社です。
値段知りたいなー…いくらなんだろう、ディスプレイセット。。

恐らく買えるはずのない値段だと思うので、デザインだけ参考にさせてもらっています。

黒に黄緑!好きなんだよなぁ、この組み合わせ。

ハンドメイド即売会ディスプレイ参考写真1

こうやって背景が切り絵になっているのも素敵ですね。

ハンドメイド即売会ディスプレイ参考写真2

バックボードを棚にしちゃうのはお店風でかっこいいなぁ。

ハンドメイド即売会ディスプレイ参考写真3

色々ディスプレイを見て、高級感を感じたのは以下のこと。

  • 商品にあったサイズの段差があること
  • ビロード等の上質な素材を使用していること
  • 意匠を凝らしたバックボード

上記を意識しながら、100均素材で高級そうなディスプレイを作ってみたいと思います。

一番下のシートは、フェルトマットを2枚つなげて裏返し。

ハンドメイド即売会ディスプレイ作り_土台のフェルトシート

フェルト→ビロードに近い素材。

…無理があります?
まぁいいや。

メインの台座は、ティッシュボックスを切ったものをつなげて、上から黒い上質紙を貼りました。

ハンドメイド即売会ディスプレイ作り_ティッシュボックスのカットハンドメイド即売会ディスプレイ作り_ティッシュボックスに黒の上質紙を

バックボードは、カード立てに、謎のアイアンプレートを接着剤で固定。

ハンドメイド即売会ディスプレイ作り_バックボード素材

これを2つ並べます。

カップケーキの入れ物(なんて呼べばいいの?これ)をマットに貼り付けていきます。
一応中に補強のための厚紙を。

ハンドメイド即売会ディスプレイ作り_カップケーキの入れ物を活用

これを小物のディスプレイ台座とします。
周囲のギザギザしている部分が、テーブルクロスのひだのように見えるのではないかという期待。

完成した全体図がこちら!

完成した高級そうなディスプレイ(100均製)1

指し色を入れるか悩みましたが、商品がカラフルに光るものなので、指し色はやめて黒一色にしました。
大正解でしたね。

モジュール展示のアップです。

完成した高級そうなディスプレイ(100均製)2

ほらほら、カップケーキの入れ物が、まるでテーブルクロスみたい!

…そうでもないか。
まぁいいや。

バックボードのアップです。

完成した高級そうなディスプレイ(100均製)3

いい感じに商品を引き立ててくれています。

かかった金額は800円。
作成時間は1時間ほど。

この記事を見てちょっといいなと思った方は、是非試してみてください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 光るアクセサリー展示
  2. モジュール発送準備の様子
  3. 光るコスプレ、マインクラフトのエンダーマン
  4. テクノパーツ使用方法_つまようじで隙間を埋める
  5. 光るアクセサリー点灯の様子

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ