AgICでフルカラーイルミネーション



紙で電子工作ができる導電性インクペン、AgIC(エージック)でできる電子工作を色々提案しています。

今回はマイコンを使ったフルカラーイルミネーションです。

準備

以下を用意してください

  • AgICフルカラーイルミネーション工作セット(マイコンとLEDのセット)
  • AgIC回路マーカー
  • AgIC回路用紙
  • 3.0Vボタン電池
  • テープ(セロハンテープかマスキングテープ)

回路図はこのようになっています。

回路描画手順

まずAgIC回路用紙に部品を仮置きして、AgIC回路マーカーであたりをつけます。
AgICフルカラーイルミネーション工作セット 回路描画手順1

部品の端子部に線が触れるよう、線をしっかりと引きます。
AgICフルカラーイルミネーション工作セット 回路描画手順2

写真のように回路を描画してください。
AgICフルカラーイルミネーション工作セット 回路描画手順3

部品をテープで紙に貼り付けます。紙の右下を折り返して、スイッチとします。
AgICフルカラーイルミネーション工作セット 回路描画手順4

この回路図の場合は、部品を以下のように置いてください。

  • マイコンは、ドットが振ってある端子(1ピン)が右上にくるように置いてください。
  • LEDは、切り欠きがある端子(Red)が左下にくるように置いてください。
  • 電池は、マイナスを紙面側に、プラスをこちら側(折り返した端子が触れる側)に置いてください。

全ての部品がしっかり回路に接していれば、写真のように光ります。
AgICフルカラーイルミネーション工作セット 回路描画手順5

イルミネーションの様子はこちらの動画をご覧下さい

このような応用回路を描画することもできます。
AgICフルカラーイルミネーション工作セット 応用例

世に出ている電子回路は、今はほとんどマイコンで制御されています。
この工作により、マイコンがそもそもどういうものなのか、どうやって動作するものなのかを知ることができます。

この工作をすると、マイコンの基本をなんとなく肌で感じることができます。
電源のプラスとマイナスをマイコンに印加しないと動かないこと、マイコンの端子からLEDに信号を与えていること、その信号でLEDの色が変わっていくこと。

このマイコンはあらかじめ私がプログラムを書き込んでいますが、もちろん環境を整えれば自分でプログラムを書き込むことも可能です。
めまぐるしいスピードで色が変わったり、暖色系の色だけでイルミネーションするようなプログラムを書くことができます。

これをきっかけにプログラミングに興味を持つ方や子どもが増えてくれるととても嬉しいです。

PR

フルカラーイルミネーション用のマイコンとLEDのセットは、当サイトのショップにて発売しております。

AgICフルカラーイルミネーション工作セット | 立方体ショップ on the BASE

AgIC回路マーカーを使った電子工作用のパーツです

初めてAgICで遊ぶ場合は、紙とペンのセットがおすすめです。

AgIC 回路マーカー&A6回路用紙5枚セット

新品価格
¥1,620から
(2015/12/26 23:41時点)


電源に必要なのは、3.0Vのボタン電池です。
家電量販店やコンビニに売っています。

パナソニック CR2032 4個 リチウム電池 Panasonic

新品価格
¥140から
(2015/12/26 23:43時点)

導電性インクペンAgICについてのエントリ一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. AgICで電子回路の知育 お絵かきの要領で回路設計
  2. AgIC基本の遊び方 線を太くして、点灯
  3. AgIC LED&電池セット 作例スカイツリー2
  4. AgICを極小マイコンの書き込みに使う3
  5. AgIC基本の遊び方 太い線の抵抗2

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ