超推奨、固く日利1%を稼げる案件Bitconnectご紹介



最近、再投資できるほど固い案件がなかったのでずっと1ターン抜きを行っていたのですが…。
やっと見つけました、再投資推奨の固い案件!

Bitconnectです。

ビットコネクトは、既にリリースされているコインそのものであり、運営の利益が還元されて、日利が配当されます。
上場しているコインそのものが案件なので、ポンジが基本であるHYIPより断トツで固い案件です。

この一ヶ月の日利は下記グラフの通り、大体日利1%が平均です。
これはこの一ヶ月だけのものではなく、サービス当初から似たような利率で推移してきています。

最新の日利を見たい方は、こちらをどうぞ

この日利はただコインを持っていればよいわけではなく、米ドルで貸し出す(レンディングする)ことで成り立つ利率です。

Bitconnectが固い案件であるという根拠について

HYIPとして見るとどうか

HYIP調査の指標から見てみると、信頼度は低くも高くもないといったところです。

  • 信頼度低:ドメインは代行業者が取得
  • 信頼度低:EV-SSL証明未取得
  • 信頼度中:ドメインの取得がサービス直前ではなく、まぁまぁ先まで取得済み。(2016年~2021年)
  • 信頼度高:IPがこれまで出てきたHYIPに合致しない。
  • 信頼度高:投資額に上限がある。

ただこれは、「HYIPは全てポンジである」ということを前提とした指標なので、ビットコネクトがポンジでない場合はこの評価の限りではありません。

ポンジかどうか

では実際ポンジ(ねずみ講で配当が成り立っている状態)なのかどうか。
私の評価は半分ポンジ、半分ガチという評価です。

マイニングのビットクラブという案件が半分ポンジ、半分ガチということで有名ですね。
ビットクラブでは本当に工場でマイニングを行ってはいますが、配当が全てそのマイニングでまかなわれているわけではなく、半分くらいはポンジでまかなわれているそうです。

メンバーが増え続ける限りは安泰ですが、メンバーが増えないと経営に曇りが見えてきます。
ただ、本当に工場でマイニングを行っていることも事実なので、完全にポンジである案件よりはずっと人を集めるのがたやすいですし、何年にも渡って続く案件だと思われます。

ビットコネクトはどうか。

運営の利益の源泉としては、まずはトレード時の手数料がありますね。
ここはガチの利益の部分。

あとはコインの値上がり益による部分もかなり大きいと考えられます。
コインの値が上がるというのは、そのコインに投資をしている人が増えているということであり、このコインに投資する人は多くがレンディングからの配当目当てです。
つまり、この点はポンジといえるわけです。

ポンジが破綻したときに運営は逃げるのか。

まず、上場されている上にランキング20位にも入っているほどのコインなので、運営母体が簡単にトンズラすることは考えづらいです。

ポンジが破綻、つまり、コインの値上がり益からの利益が逼迫してきてしまった時はどうなるのか。
ビットコネクトは現在の日利が平均1%というだけで、約束された利率ではありません。
レンディング配当を下げれば運営を続けられるので、通常のHYIP業者のように元金も全て持ってトンズラということはされないと推測されます。

ただし、レンディング配当が下がれば信頼が下がってコインの値段も落ちるので、その分また配当が下がるという悪循環が起こってしまいます。
その時はしばらくほぼ配当がないまま耐え忍ぶ時期となるのかもしれません。

ポンジが破綻しても大丈夫だと考える根拠2つ

根拠が2つあります。

1.レンディング分とコイン値上がり益分の差額がプールされている(かも)

BCCのこの半年のチャートです。
半年で10倍近い値段になっています。

それに対してレンディングは日利1%として、半年で1.8倍です。
その8.2倍の差額は運営の利益となっています。

レンディングに出す人は、自分のBCCを運営に貸します。
運営はそれをその時のレートでドル換算してシステム上に登録します。
そうすることで、日利以上にコイン価格が上がっていく以上は運営がどんどん儲かります。
(その中の利益からリファラ報酬なども払われているのでしょう)

コイン価格の上昇が日利以上であればもちろん安泰ですし、そうでなくなった時もこれまでの膨大なプール分があると思うので、ある程度はそこから補填していくものと考えられます。

2.ポンジ破綻時のことが考えられている(かも)

それでもポンジが破綻してしまったらどうするか。

こちらのレンディングレートにヒントがあります。

Lending amount Interest (Accrued daily) Capital release
$100 – $1000 Volatility software interest After 299 days
$1010 – $5000 Volatility software interest + 0.10 % daily After 239 days
$5010 – $10,000 Volatility software interest + 0.20 % daily After 179 days
$10,010 – $100,000 Volatility software interest + 0.25 % daily After 120 days

低額投資者にはサービスがつきませんが、高額投資者には確定された日利サービスがついています。
恐らくこの確定された日利は、コイントレード時の売買手数料から賄われています。

売買手数料がコインの総量に比例しているために、このように日利サービスをつけることが出来るのでしょう。
ポンジが破綻してしまってレンディングの日利が0%ばかりになってきた時は、この日利サービスに頼ることになると思うので、投資は$1010以上からにすることをお勧めします。

このようにポンジ破綻時のことが考えられているので、私は信頼がおけると考えています。

このビットコネクトは固い案件だと思います。
複利運用推奨です。
ただし過信はせずに、最初は元本回収を最優先、元本回収後に半分複利程度にしておくのが良いでしょう。

Bitconnect レンディング方法


アカウント登録

下記のバナーをクリックしてください。

右上の「Register」をクリックすると下記の画面になります。

登録フォームに必要事項を入力して「SIGN UP」を押下します。
メールが届くので、「Activation Link:」と表示されているURLをクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

すると、秘密の質問とその答えを登録する画面が開きます。
質問を選択して、自分で答えを入力してください。

これは、自分でどこかにメモを残しておくことをおすすめします。
パスワードを忘れてしまった時に使うことになります。

入金方法

ダッシュボードを開き、BITCOIN WALLETのところの「Deposit Bitcoin(BTC)」ボタンを押下してください。

ビットコイン送金アドレスが出ますので、そこに好きな金額を送金してください。

30分~1時間ほど、ビットコイン側の認証待ちをします。
ダッシュボードに下記のようにビットコインが反映されればOKです。

ブラウザ認証

サイト内での色々な作業の前に、お使いのブラウザを認証する必要があります。

ダッシュボードのBITCOIN WALLETの下方に「Send Bitcoin(BTC)」の欄があります。
そこに「click here to send verification e-mail」とありますのでクリックしてください。

登録メールアドレスにメールが送られてくるので、その中のリンクをクリックしてください。
ブラウザが認証されます。

BCC購入

反映されたビットコインで、今度はBCC(ビットコネクトコイン)を購入します。

メニューからTradingを開き、BUY BCCのところで「All」を押下します。
(これで入金したビットコイン全額が反映されます。)
「BUY BITCONNECT COIN」を押下してください。

確認画面となりますので、「Confirm」を押下してください。

ダッシュボードにて、ビットコネクトコインに購入数が反映されたことを確認してください。

上記のビットコネクトコイン保有数はどこかにメモしておきましょう。
すぐに使います。

※ここでビットコネクトコインに購入数が反映されていない場合、購入作業中にレートが大きく変わり、購入が約定されなかった可能性があります。
その場合は当ページ一番したの項目、「ビットコネクトコインが購入できなかった場合」をご覧ください。

レンディング設定方法

ダッシュボードを開き、LEND BITCONNECT/REINVESTのところの「Lend BitConnect」を押下してください。
ポップアップが開くので、そこに投資金額を$で入力します。

適当に数字を増やしていき、右のビットコネクトの量を見ながら、先ほどメモしておいたビットコネクトコイン保有数に一番近くなる値を入れてください。
また、下のほうに規約承認のチェックボックスがあるので、チェックを忘れないようにしてください。

「Pay from Bitconnect wallet」を押下します。

確認画面となりますので、「Confirm」を押下してください。

ダッシュボード下方に下記ような投資履歴が出てくればOKです。

出金方法

レンディングした時と逆の手順をたどっていくだけです。

投資してから丸24時間経過後、ダッシュボードにて配当が入ったことを確認してください。
「Transfer」を押下します。

下記の画面となりますので、「All」を押下して、全てBCCへ変えてください。
「Transfer」を押下します。

確認画面となりますので、「Confirm」を押下してください。

ダッシュボードにて、Bitconnect Walletに金額が移動したことを確認してください。
ビットコネクトコインのまま持っておいて、値上がり益を期待するのも良いでしょう。

ビットコインに変える場合は、隣の「Exchange」を押下します。
もしくはメニューからトレード画面に入ってください。

SELL BCCのところで、「All」を押下し、手持ちのBCCを全て交換します。
「Sell BITCCONECT COIN」を押下してください。

確認画面となりますので、「Confirm」を押下してください。

ダッシュボードにて、全ての金額がBTCに変わったことをご確認ください。

ビットコネクトサイトはウォレットとしても使えるので、このままBTCとして持っていても問題はありません。
(ウォレット用途のみの、ビットコネクトのアプリもあります。)

ご自分がいつも使われているウォレットにBTCを移したい場合は、以下の手順をふんでください。

ダッシュボードのBITCOIN WALLET欄、Send Bitcoinのところに、ビットコイン送付先アドレス、送付金額、パスワードを入力してください。
出金の都度にアドレスを入力する必要があります。
(どこかに登録しておければいいんですけどね。。)

確認画面となりますので、「Confirm」を押下してください。

すぐに反映されるので、認証が終了するまで30分~1時間ほどお待ちください。

再投資方法

最初は元本回収に集中してください。
元本回収が済んでから再投資を行っていくようにしましょう。

Lending Walletに配当が入っていることを確認し、Dashboardの「LEND BITCONNECT/REINVEST」を選択してください。
下記の画面となるので、「Reinvest」を押下してください。

下記の画面となるので、「All」を押下するか、再投資したい金額を入力してください。
$10単位でしか再投資ができず、余った分はLending Walletに残ります。
「ReInvest」を押下してください。

確認画面となりますので、「Confirm」を押下してください。

ダッシュボード下方の履歴に下図のように表示されれば成功です。

これは、現在投資しているプランに対して金額が増えるのではなく、新たにプランが作られることとなります。

例えば現在、Volatility software interest + 0.10 % daily 239 daysプランに投資していたとしても、再投資金額が$1000以下であれば、再投資分はVolatility software interest daily 299 daysプランにされて、新しく日数カウントされていくこととなります。

では$1010貯まるまで待っていた方がよいのかというと、数日以内に再投資金額が$1010に達する場合以外は、ガンガン毎日複利していった方が得ですので、躊躇なく再投資していきましょう。

補足:ビットコネクトコインが購入できなかった場合

ビットコインからビットコネクトコインに変える際(または逆の場合)にコインが買えなかった場合は、購入作業中にレートが大きく変わってしまったことが原因と思われます。

取引所での購入は、基本的には買い板、売り板を見て行います。

それの複雑な作業をしなくて済むように、ビットコネクトコインの取引所では「LAST」価格で買えるような仕組みになっておりますが、それすらも上回る大きなレート変動があった場合、注文が約定せずに保留されてしまいます。

その時は、注文をキャンセルして再び買いなおしましょう。

ダッシュボードの「MY OPEN ORDERS」に約定されていない注文が載っています。
そこの×ボタンを押下してください。

そしてまた、元の手順のように「LAST」価格で購入してみてください。
(「LAST」を選択し直さないと値が最新のものになりませんので、要注意)

それでも買えない場合は、価格変動が激しい時であるということなので、売り板を見てちゃんと買うしかありません。

売り板には、ビットコネクトコインを売りたい人達の、その希望価格と量が載っています。
この価格で注文を出せば確実にビットコネクトコインを買うことができるわけです。

充分に量がある価格を見てください。
赤い四角で囲ったところの中の、緑色の四角で囲ったところがその値段です。

この値段を手動で入力し、購入手順を踏んでいけば晴れてビットコネクトコインを購入することができます。

逆にビットコネクトコインをビットコインに変えたい場合は、買い板を見て価格を入力しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. HYIPの実際の日利を計算するシート
  2. NO IMAGE
  3. 単利複利計算結果

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ