数学ができる子供の素質



うちの息子は数学ができる…!
私は確信いたしました。

今日は、週一独立を始めてから2回目の出勤です。
今週は車ではなく、息子と一緒に電車で出勤しました。

電車の中で清算用の310円を持っていた私。
息子に「これいくら?100円玉が3枚、10円玉が1枚だよ」と聞きました。
息子は小1です。

息子は考え込み、「3千10円?」と答えました。
周りの同じ小1の子が笑います。
「違うよー!310円だよー!」

この出来事で私は確信しました。

この子は数学ができる!

えええ!?
間違えているのに、なんで数学ができることになるの!?

驚かれますよね。

100円玉3枚と10円玉1枚でいくらになるか。
これで100*3+10=310という計算式が出てきてしまった方…

高校数学でつまづきませんでしたか?

ものと式を結びつける癖、これは多くの家庭で行われている考え方でしょう。

2+3=5を教えるのに、多くの家庭では、
「リンゴが2個とみかんが3個、全部で5個だよね」
などと教えます。

これは算数はできるようになりますが、数学ができなくなる考え方です。

算数までは、ものと式が結びついています。
ものと式を結びつけて考えると、イメージができるので確かに理解が早まります。
算数が好きになるので、親としても嬉しいですね。

しかし、ものと式を結びつける癖をつけてしまうと、ものと式が結びつかなくなった頃につまづきます。
算数は得意だったはずなのに、数学になるとつまづく人が多いのはこれが原因です。

複素数なんて、現実に存在しない数字を扱うのですよ。
ものと式を結びつけていたら、考え方がわからなくなって大変なことになります。
複素数だけではありません、高校に入ったらほとんどが現実にないものばかりになります。

いいですか?
2+3
なんです。
これは2個のりんごと3個のみかんではないのです。
2+3
なんです。

英語が話せるようになるには、いちいち頭の中で日本語に変換しないで、英語のまま考えるようにするといいと聞いたことはありませんか?
数学も一緒です。

数字は数字のまま考えてください。
現実の物質に置き換えてはいけません。

ちなみに私は高校の偏差値は72、大学は東京理科大学です。
大した学歴ではありませんが、これが数学だけで勝ち取った学歴だと言えばすごくないですか?

国立は国語の惨敗(現国2点…。)によりセンター足切りをくらいまして、理科大より上の私立は数学オンリーで切り抜けられるほど甘くなかったようです。
歴史も英語も酷いです。

高校・大学の間も遊びほうけていて、ほとんど学校に行っていません。
それでも、数学だけは高校でも大学でもほぼ満点でした。

本当に数学だけでここまで来ました。

で、そんな私も全く同じなのです。
ものと式は全く結びついていません。
実際の生活で使う数字は、算数とは別の考え方をしています。

300円3枚と10円玉一枚について、100×3+10なんて考えません。
銀色のが3つと茶色のが1つで310円とデータベースに入っているだけで、200円玉なんて製造された日には私は買い物ができません。
たぶん、データベース化されるまでは頭の中で算数を使うのでしょうw

もちろん、310円がわかる子供が数学が出来ないわけではありません。
310円と答えを出すのに、足し算などと結びつけずに別の回路を使うかデータベースを用いたのであれば、その子は数学もできるでしょう。

算数を使って310円と答えたのであれば、間違いなく将来、高校数学でつまづきます。
下手したら、分数の割り算でつまづきます。

あれも、「なんで上と下をひっくり返してかけると割り算になるの?」と聞かれて、なんとか現実と結びつけようと無理な説明を繰り広げる人がいますね。

「そうするとうまく答えがでるから今はその方法でやるんだよ。別の方法、見つけてみる?」で理科が得意な子になります。
「そういうものだ、いいからやれ。数をこなして体に染みつかせろ。」で数学が得意な子になります。
「うーんとね、3等分したケーキを3つ集めると1になるでしょ?」と無理な説明を頑張ってしてあげると、数学はできなくても愛情あふれた子になるでしょう。

うん、想像だけど、だいたいそんなものだと思います。

うちの息子は明らかに硬貨を見たときに算数と結びつけていませんでした。
念のため、100*3+10を聞いたらすらっと答えました。

学校でも、算数は難しい組に割り当てられて、クラスで唯一500+600を答えられたそうです。
早生まれの小学校一年生ですよっ(>_<)←親バカ

この子は将来、絶対に数学が天才的にできる子になるはずです。

息子が行っているレゴ教室です。
レゴなんて習うものではないのですが、ここの教室では中学生になると自分でプログラミングしてロボコンに出たりするんですよー!

数学が得意になるためにはものと式を結びつけない方がよいのですが、ものを作るためには式を現実に落とし込んでいく作業が必要となるので、難しいところではありますorz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 5年後、結婚後の旦那の変化の様子
  2. iQOSを吸っているところ
  3. 完成した配布用DVD
  4. 天使の羽が生えた赤十字
  5. あー…ごめん。タイミング悪すぎるだろ。。

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ