電通で起きていることを内部の人から聞きました



最近、ニュースでもネットでも、電通で過労自殺した高橋まつりさんの話題でもちきりです。

新入社員が犠牲になったということで既に怒り心頭ですが、写真を見ると本当に綺麗な子で、それがまたあまりに悲しすぎる。

悩む新入社員のイメージ

この件について、元リクルートの女性社員と話しました。
仕事上、電通の社員さんにも仲がいい方がちらほらいるようで、その方々から電通でどういうことが起きているのか聞いたそうです。

友人からの又聞きですみませんが、ちょっと情報展開させてください。
それに基づいて、私の考えも述べてみます。

電通内部の様子

電通では最初の2年はしごきの時期

最初の2年間はあからさまなしごきの時期があるそうです。
今回の事件で明らかになったような状況ですね。

パワハラを受け、何をしても認めてもらえず、かつ長時間労働。
身も心も壊すような状態を乗り切って初めて、電通社員と認められるそうです。

乗り切ると比較的楽な部署に回してもらえる。

キツい時期を乗り切って認められた社員は、比較的楽な部署に回ることができるそうです。
ここからは忙しいけれどやりがいのある仕事も待っているそうです。

コネ入社組には甘い

電通社員全員がこのようなしごきを受けるわけではなく、コネ入社組には甘いそうです。
そして電通はコネ入社がは滅茶苦茶多いとのことでした。

通常はこれらの事をこっそり先輩に教えてもらうそうです。
とにかく2年耐えればなんとかなると。

それを教えてくれる先輩に出会えなかった不運こそが、自殺の原因となったのではないかというのが、その元リクルート社員の見立てでした。

てか、リクルートでもそんな感じなんですって。
広告業界怖いよ。。

私の見解

染みついた「しごき」精神

もちろん上記のような社風はブラックなんですけど、これ見ちゃうと、
「なんだ、ただのしごき期間か」
ってつい思っちゃいません?
(思わない人は正常です)

これって運動部の部活とかお寿司屋さんとか、職人さんのところとか、日本に根付いた「しごき」精神だと思うんですよね。
下積みが辛いのは当たり前だろっていう。

私のところ(製造業)も多かれ少なかれ、この精神はあります。
これ、電通の問題じゃなくて、日本全体の問題なんでないの。

残業80時間で過労死は情けない?

過労死ラインを情けないと言って、炎上した大学教授もいらっしゃいますね。

働いている方々の一部はお分かりの通り、残業が80時間を超える月というのは普通に出てきます。
毎日11時まで働けば余裕で行く数字ですから、結構普通なことです。

「80時間くらいで情けない」という人はこの感覚でしょう。

じゃあなぜそこで過労死、鬱、自殺などが起こってしまうのか。
80時間が余裕という人たちとの違いはどこなのか。

私は、以下が原因ではないかと考えています。

  1. 本当の残業時間は80時間じゃない

    10時以降は残業代が跳ね上がるので、私も上の目を気にして、夜10時以降はどうしてもサビ残になります。

    毎日、日が変わるまで仕事に追われ、家に一時帰宅して泥のように眠る。
    3時間くらい寝たらすぐ出勤。
    頭が回らない中で業務をするのでミスが膨れ上がり、余計に時間がかかる。
    土日なんてもちろんない。

    実質200時間くらいの残業は、どれだけ元が丈夫でも、心身ぶっ壊れます。

    それでもつけられる残業は毎日10時まで。
    月にして80時間。

    まつりさんや以前電通で自殺した男性の勤務状況を見ると、このような状況であったことが伺えます。

  2. 終わりが見えない

    入社して数年たった状態であれば、スケジュールも見えているし、自分自身の経験も積まれているので、終わりが見えるようになります。

    「今はキツいけど、来月には休みが取れる」
    「辛い。辛いが、これを達成した暁には評価がまた上がるよな。」

    この希望の光は相当大きいのではないでしょうか。

    対して、まつりさんは新入社員。
    スケジュールも見えてないだろうし、経験値もないから終わりが見えず、先は真っ暗だったと思われます。

    出口の見えない真っ暗闇のトンネルを、何か月も歩き続けられる人がどこにいるというのでしょうか。

  3. 周りと差別されている

    コネ入社組との差別は相当キツそうじゃないですか?

    自分は毎日、日を跨いでからの帰宅。
    どんな資料を作っても罵倒される。
    パワハラセクハラ当たり前。

    対して、コネ入社組はいわゆる普通のホワイト企業の働き方。

    パワハラなんてないし、多少の残業はあってもそんなに酷くない。
    頑張ったら頑張っただけ評価してもらえる。。

個人的に私、②と③がキツいんじゃないかなと思います。

例えば、子を持った女性ならたいてい、車にひかれた並みのダメージ(出産)を負った直後から、3時間まとめて寝れない日が3ヶ月くらい続くんですよ。

でもみんなそれを乗り越えているじゃないですか。

なんで乗り越えられるかってそりゃあんた、「みんなが通った道であること」「永遠に続く苦しみではないこと」が分かっているからなんですよ。
自分だけがふいにこの苦行与えられて、終わりが見えなかったら、そりゃ耐えられないって。

私も仕事で午前様ばかりでキツい時期が毎回生じますけどね。
やっぱりスケジュールがオープンor自分が握っているから終わりが見えるのと、その時期は社員がみんな午前様だから頑張れるってところがあるよね。
パワハラやセクハラなんてないし。

ただの80時間残業組とまつりさんの状況は、天と地ほどの差があると思いますよ。

長時間労働撲滅の署名はこちらです。

今回のことは本当に心が痛いです。
どうか、日本社会から「しごき精神」が消えますように。。

新しいニッポンの業界地図 みんなが知らない超優良企業 (講談社+α新書)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 完成した配布用DVD
  2. 君の名は。チラシ
  3. サバサバさんの告げ口
  4. 天使の羽が生えた赤十字
  5. あー…ごめん。タイミング悪すぎるだろ。。

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ