ブログの複数運営をやめ、一本にする決意を固めた理由



ブログの運営には色々な形態があります。

  1. 一本のブログにひたすらライフログを溜めていく
  2. 話題毎にブログを分ける
  3. メインサイトは別にあり、ブログはあくまでサテライト

ブログで何をしたいかによって、どうすべきかは変わります。

セルフブランディングをしたいのであれば①
ブログで収入を得たいのであれば②か③になってきます。

20161018_ipponka

サイト量産型の辛さ

私もブログで収入を得ることを夢みた時期がありました。
まずは③から始めたのですが、ちょっと精神的にキツかったんですね。

メインサイトを作って、それにサテライトサイトを付けるというやり方は、一昔前のサイト量産型と言われるアフィリエイト手法です。
化粧品の比較サイトなどを作ってそれをメインとし、そこに美容系の話題を20記事ほど書いたブログをくっつけます。
これを色々なジャンルで作っていくわけですね。

毎月毎月、キーワード選定して売れそうなネタを考えて、メインサイトとサテライトサイトを作ります。

これがまた、作業量の割に収入にならないんですよ。
一日2時間の作業を毎日やって、月1000円とか。

その月1000円のサイトを100本作る、というのがこの手法で収入を得る方法です。

やってられないよー。。
いや、作業量は別に構わないんですけど、中身が辛いんですよ。

メインの比較サイトとかって、自分で買ってきて比較したものじゃなくて、楽天ランキングとかからとってきたランキングなんですよ。
そんなのほんと、「私」がやる必要は全くないですよね。

で、辛くなってきた時期にちょうどペンギンアップデートというGoogleの検索アルゴリズムの変更がありまして、これによりサイトのコンテンツが重要視されるようになり、サイト量産型は終焉を迎えました。

私的にはほんとちょうど良かったです。
これが2年前くらいのことだったかな。

コンテンツ型は本気で取り組めばきっといい収入になる

そのまま自動的にコンテンツ型に移りました。
コンテンツ型というのは、人の為になる記事を書いて、サイトのファンを増やしていくような運営形式です。

実は今まで4本も運営していたんですよ。

  • 起業系の話題やプロダクト紹介(このブログ)
  • 働く女性やエンジニアの話題
  • 子育ての話題
  • DIYの話題

自分がすらすら記事をかけるものでラインナップしていました。
記事を書くのは楽しかったのですが、収入には繋がらず。

どれも月数百円レベルであった中、唯一DIYサイトだけが1000円代でした。

このDIYサイト、実はすごく記事数が少ないんですよ。十数記事しかないの。
それなのに何故このサイトだけ収益が良かったのか。

それはひとえに、「商品そのものの記事を書いている」ことに起因しています。

他のサイトは自分の主義主張を書いて、関連しているような本へのリンクを貼るだけ。
これでは記事が面白くても、収益には繋がらないのです。

対してDIYサイトでは、DIYの小技とともに「これを使いました」という商品へのリンクを貼っています。
サイトに来た人が欲しいものが目の前にある状態です。

コンテンツ型はこのようなことを心がけて運営していけばよいわけです。

ブログ一本へ

コンテンツ型での稼ぎ方が分かったなら、やればいいじゃんと思われるかと存じますが、私には厳しいんですよね…。
すらすら書けるネタで収益につながるものがなくてですね。

(DIYは収益に繋がりますが、そんなにしょっちゅうDIY出来るほど時間があるわけでもないので。)

だったら、収益に繋がる記事は大切に保存したまま、サイト更新履歴が○ヶ月前とならないようにだけ気を付けるようにしたいなと思ったのです。

それにはやっぱりブログ一本化が一番の特効薬。

これからちょっとずつ、他のブログから記事を移動させてきます。
カテゴリが一気に増えますが、ご興味のあるものだけ選択してお読みいただければ幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 可愛い3Dの炎
  2. fotorで年賀状、テキスト入力
  3. Ustream配信開始
  4. スマホ表示されたヨメレバCSS
  5. ブログ収益報告_見積もり収益額グラフ

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ