3Dキャラクターの顔の作り方を考察する



現在作成している3Dキャラクターは、LINEスタンプやブログイラスト・配布用画像素材など、多用途に使う予定です。
ですので、汎用性の高い、素材として適切な顔を作りたいと思います。

2D素材として参考にしたいのは、ソザイヂテン様の素材。

汎用性が高そうなこの顔!

3Dのサラリーマン素材としては、有料ですが、下記のような素材が123RF様にたくさんあります。

123RF様にある、3Dサラリーマン素材

この2つを組み合わせた素材、つまり、顔のある3Dサラリーマンはあまり見ないので、そこを狙っていきたいと思います。

本当は3DCGでねこいた様のようなクオリティのイラストを提供したいのですが…
これは遠い目標として、徐々に近づけるように頑張っていきます。

ねこいた様の神イラスト

(ちなみにねこいた様は、3Dで背景やアイテムを作り、人物や塗りは2Dペイントでやっているようです。
両方を違和感なく溶け込ませる技は、お見事としか言いようがありません。。)

さてさて、本題です。

以前まで作っていたこちらのサラリーマンの顔。
3Dキャラクターの顔の検討。検討前。
ただの球体の組み合わせから、もう少しグレードアップさせたいと思います。
同時に、塗りの質感も色々テストしてみました。

パターン1

顔をテクスチャで貼り付けました。
微妙に凹んでいるように見せる方法は、2004年度版LightWave☆Beginnersの3章-03に載っていました。
3Dキャラクターの顔の検討。第一案。

パターン2

顔のオブジェクトの一部を凹ませ、目や口としました。
3Dキャラクターの顔の検討。第二案。

パターン3

別レイヤーに球体で作った目や口をつくり、後で合体させました。
3Dキャラクターの顔の検討。第三案。
うーん、好きなのは2番目だけど、3番目が一番汎用性が高い気がする…?
でも1番目が一番抵抗なく受け入れてもらえそうな気も。。

もう少し色々検討してから、決定バージョンにしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. LightWaveの機能、Fractilizeを使って簡単に作れる氷-Tabあり
  2. 立体文字レンダリング結果
  3. 3Dにんじんレンダリング結果
  4. LightWave11.6 インストール直後のプログラム一覧
  5. レンダリング結果
  6. デフォルトサーフェイス-Generic

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ