LightWave11.6 インストールとユーザー登録の手順



LightWave11.6 インストール

LightWave11.6 内容物

LightWave11.6が届きました!
こちらが届いたLightWave11.6です。

LightWave11.6パッケージ写真
この表紙…!
素敵っ…!
こんな3DCG、作れるようになりたいものだわ。。

ブックレットが付いていない代わりに、2万円程安くなりました。
ブックレットの内容はCD内にPDFがあるということだったので、価格優先です。

さぁ、開封していきましょう!

lightwave11.6 インストールCDが2枚
CD2枚ー。(困
落ち着こう、私。

どうやら青い方が本体のようです。
黒い方はコンテンツDVDのようですね。
チュートリアルに使用するデータが入っているそうです。

さぁ、青い方をインストールしていきましょう。
 

LightWave11.6 インストール作業

青いCDを入れましたが、自動的に開始しません。
最近は自動再生しないインストールディスク増えてきましたね。

フォルダを開きます。
「はじめにお読みください.html」があるので、それを開きます。

LightWave11.6 OS選択用HTML
わたしのPCのOSはWindowsなので、「Win」をクリック。

Winってフォルダに移動するだけですね。
何の為にあるHTMLファイルなのww

「LW1161J_32bit.exe」と「LW1161J_64bit.exe」があります。

システムのbit数はスタート→コンピューター→システムのプロパティで見ることができます。
「システムの種類」に記載されています。

私のは64bitかぁ。そうだったけ…?←いつも忘れる。

というわけで、「LW1161J_64bit.exe」をダブルクリック。
セットアップ処理の後、インストール画面が開きます。

LightWave11.6 インストール画面
「次へ」や「はい」を押して、処理を進めていきましょう。

  • セットアップタイプは標準にしました。
  • Pythonランタイムライブラリというのをインストールするか聞かれました。
    何の事かさっぱりわかりませんが、HD容量をそんなに食わないということなので、入れておくことにしました。
  • 言語はもちろん日本語で。(こういうのが、私がいつまでたっても英語が出来るようにならないポイント)

で、全てを了解してインストールが開始されます。
しばらく待って、完了を押せばインストール完了です!

さぁ、次はユーザー登録を行っていきます。
 

LightWave11.6 ユーザー登録

LightWave登録サイト dstorm

ユーザー登録ではまず、下記のdstormに行きます。
https://www.dstorm.co.jp/regist/

「初めて登録される方」をクリック。
必要事項を記入して次に進みます。
出荷番号記入を要求されるので、ユーザー登録フォームと書かれた葉書の出荷番号を記入します。
次のページに進み、同じくユーザー登録フォームに記載されている、LightWaveシリアル番号を記入します。
 

LightWave登録サイト NewTek

記入内容を確認したら、続いてNewTek社LightWave登録サイトに移動します。
http://www.lightwave3d.comに飛ばされました。

NewTek社LightWave登録サイト トップページ
わぁ、かっこいいHP~。
って、

やめろや!
海外サイトのトップページに飛ばさんで!
わからんから!

色々ページをクリックした結果、見つけました。

Support→Create a New Accountです。
必要事項を記入して送信すると、記入したEmailアドレスに認証メールが送られてくるので、そこのリンクをクリックします。
それでアカウント登録が完了します。
 

LightWave ライセンス登録

続いてLightWaveのライセンス登録を行います。

同ページにあるSign Inをクリック。
続いて出てきたページにuse the Register Product page.とあるのでそこをクリック。

一応リンクも貼っておきますね。
https://www.lightwave3d.com/register_product/

Cleverbridge Reference Number OR Product Serial Numberと書いてあるところに、先ほどDstormでも記入したLightWaveシリアル番号を再度記入します。
で、Registerボタンをクリック。

で、この後hardware dongleが云々と出てきますが、何も記入せずRegisterボタンをクリック。
これはキーが入っているハードウェアのことで、会社などで共有してキーを使用するときに使います。
個人使用であればこのページは何も記入しなくて大丈夫です。

その後マニュアルがずらっと並んだページに飛ばされます。
その中に、Download License for Lock ID xxxxxとあるのでクリック。
自分でわかりやすい場所に保存しておいてください。

ライセンスキーは、LightWaveを開いたときに、下図のようにドラッグアンドドロップすればOKです。

LightWaveにライセンスキーをドラッグ&ドロップ
ちなみに、http://www.dstorm.co.jp/tech/dl/で日本語版プログラムやコンテンツデータを落とせるみたいです。
ちょっとしたアップデートならここから落とせそうですね。
大規模な改善になるとアップデートソフトを買わないといけなさそうですが。。

ユーザー登録、意外とめんどくさかった。。
さて次はついに、LightWaveを開いていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. レンダリング結果
  2. 立体文字レンダリング結果
  3. レンダーフレーム出力例
  4. 3Dキャラクターをポージングさせたところ
  5. テーブルのレンダリング結果
  6. 3Dキャラクター作成、イメージ図

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ