起業に向けて 途中経過のご報告



「5年を目途に起業する」と言って2年半前に始めたこのブログ。
半分の期間が経過したところで、現状の報告です。

起業するぞー!と言って始めたこのブログですが、紆余曲折あって結局まだ起業できていません。
途中で娘も生まれましたし、やりたい事がどんどん出てきてしまいまして。。

ここで少し立ち止まって、昔のこと、今のことをつらつらと語ってみたいと思います。

起業、ビル新築のイメージ

当初の起業計画

  • 3Dフードプリンター向け、3Dモデルの無料配布サイト作り
  • LINEスタンプ作り

どちらも結局達成できませんでした。

LINEスタンプのこと

これを考えたのは、クリエイターズマーケットオープンの数日前。
LINEスタンプなんてまさにブルーオーシャンだったんですけどね。

自分の事業の宣伝も兼ねて、なんとしても3Dスタンプでいきたいと思って出遅れたら、あれよあれよというまにもうレッドオーシャンですよ。

スタートアップはスピード命ってことが良く分かる失敗事例です。

半年後くらいに「LINEスタンプで月収200万円」なんて記事を見るようになり、せめて2Dだけでも…と思って数点作ったのですが、やっぱり後続組ということでテンションが上がらず、LINEスタンプ作りは頓挫しました。

3Dモデル無料配布サイトのこと

3Dモデル無料配布サイトを作り始める前に、まずは広告収入でやっていけるかどうかの調査を行いました。

ニッチっぷりが同程度で、検索でトップを取れるものということで、Evernoteのテンプレートサイトに狙いを定めて、数日かけてどさっとテンプレートを作成しました。
SEOも施し、ついに「Evernote テンプレート」で検索トップに!

さぁ、そんな素材配布サイトの広告収入は…!?

月300円。
公式に紹介された時でやっと、月1000円とか。

小学生のおこづかいかっ!

広告収入で食べていけてる人って本当にすごいんですね。

こちらのサイトはいまだに月300円を生み出してくれているので、来年から小学生になる息子のおこづかいにあてたいと思っています。

そんなわけでモデルケースが大失敗に終わったので、自然と本命の方もやらないという選択肢を取ることになりました。

結果論ですが、こちらの3Dモデルの方はやらなくて良かったなと思っています。
世間の3Dプリンター熱が収まると同時に、3Dフードプリンターの話もとんと聞かなくなってしまいましたしね。

私の事業は置いておくとしても、3Dフードプリンターだけは家庭に普及して欲しいんだけどなぁ。。

現在の起業計画

  • 週一で3DCGアニメーションを配信
  • 小型モジュールや便利ガジェットの開発

3DCGアニメーションのこと


システムは秘密ですが、1人で1日の作業量で、5分程度の3DCGアニメーションが作れます。

ある程度のクオリティの3DCGアニメーションが毎週配信されれば固定ファンもつくと思いますし、拡散力のある声優の卵さんや劇団員さんに吹き替えをやってもらえば、閲覧数もどんどん上がっていくと思うんですよね。

吹き替えをやって下さった方に広告収入のキャッシュバックをして、拡散意欲を高めてもらうこともしていきたいです。
役者で食べていくことが出来るくらいのキャッシュバックが出来たら素敵ですよね。

マーケティングは…特にしていないです。
なんか色々やって思ったんですけど、机上の空論振りかざすより、とにかくやってみる方がよっぽど分かることが多いのかなって。

動画配信はもうとっくにレッドオーシャンなのですが、視聴者は増えていっていますし、一度見た動画は大抵もう見ないことを考えると、なんか食に近い産業構造になってきているのかなと考えています。

つまり、莫大な利益を取ることはできないけれど、最低限の需要は常に見込める業界。
差別化を図っていけば、まだまだ利益は取れるんじゃないかしら。

ただ、広告収入ではすでに泣きを見ているので、早めに広告収入からは脱却して、企業とのCM提携やブライダルPV作成などの実サービスに繋げていきたいと考えています。

これもやってみて、駄目だったらやめればいいだけの話なので、とにかくやってみたいと思っています。

モジュール開発のこと


これは世間や自分自身へのカモフラージュです。

動画配信で広告収入というふわっとした事をしていると、どうも不安が伴うといいますか。。
やっぱり実物があるカッチリした仕事もしたいんですよね。

起業の名目も、表向きはこちらのモジュール開発で通したいと思っています。

だって、
「女社長ですか、すごいですね!何の会社ですか?」
って聞かれたときに
「動画配信です。」
って答えたらさぁ…

(エロ動画かな?)

って思うじゃん!
私は思う!(偏見

そこで
「小型の電子モジュールの開発・販売をしています。」
だったらさ、
(おぉ、女だてらに固いことをしているんだなぁ)
って思ってもらえるじゃないですか。

カモフラージュ用事業と言いつつ、実は一番進んでいるのがこちらのモジュール開発だったりもします。

現在はテクノアクセサリーモジュールのクラウドファンディング中で、すでに700%を達成。
今後も需要が見込めれば、事業としての「看板」の役割は十分果たしてくれると考えています。

こちらは今までの反省から、思いついてから即実行、急いで世に出して、ある程度の完成度になったらすぐにクラウドファンディングに出しました。
思いついてからクラウドファンディングに出すまで、半年もかかってなかったかな。

やっぱり成功にはスピードが何よりも大事なんだなと実感しました。

小型モジュールはまだまだIoT化など、どんどん進化していく予定なのでお楽しみに!

今大変なこと

お客様とのやり取り

お客様とのやり取りが恐ろしく大変です。。
友達へのメールの返信すら数日考えないとできないようなコミュ障が、どうしてお客様とのやり取りが出来ると思ってしまったのか。。

問い合わせは普通の頻度で来ています。
むしろたぶん、普通より少ないです。

普通の事を聞かれているだけなのに、これがまたすごいプレッシャーなんですね。
想定外のところで自分の工数がすごい取られております。

自分への戒め。
お客様とのやりとりには予め多すぎるくらいの工数をとるべし。

外注さんとのやり取り

問合せ対応で完全に手一杯なので、仕方なくモジュール作成を外注さんにお願いすることになりました。

これでまた利益が圧迫されるorz
リピートが来ないと、ほんとにこのモジュールは開発した意味がないんですけど。。

半田付け経験者ということで業務をお願いしたのですが、仕上がりがちょっと酷い。。
慌てて自宅まで行き(片道3時間…)直接指導したのですが、そこで半田付け初心者であることが判明orz

するよね…経歴詐称。。そうだよね。。

仕事をごめんなさいしようとしても食い下がられ(単価が高いので当たり前)、そこの対応にもさらに時間がとられ。。
これでまた私の時間がなくなる…何のための外注なの。。

自分への戒め。
外注依頼は慎重に。

起業のタイミング

売り上げが300万円を超えたら個人事業主。
売り上げが1000万円を超えたら会社設立。

というのが一般的な起業タイミングだそうです。
まだまだ遠いなぁ。

起業に向けて動き出す前は、内職的なものを色々探していました。
月に数万円プラスアルファで稼げそうなもの。

アフィリエイトも在宅ワークもFXも、労力の割に報酬が低い。
アルバイトに出た方がマシじゃないかと思い、一年ほどで挫折。

途中からなんか起業家がかっこいいと思って一生懸命動いて、でも起業家への道はすごく遠くて。

でも振り返ってみるとあれあれあれ。
月に数万円のプラスアルファのものは作れているじゃない。

もしかしたら私はこうしていけばいいのかも。

とりあえず今は起業に向けての努力はストップしていますが、一旦全部終わらせてまっさらにしたら、また元気が出てきて今度は年商1000万円に向けて動き出すかもしれない。
そして年商1000万円の壁にぶち当たる頃にはなんだかんだで個人事業主としての独立はとっくに果たしていそうですよね。

その次は年商1億円に向けて頑張って、またも壁にぶち当たれば、その頃には会社設立!
なんて未来予想図も。

よし!
このまま自分のペースで頑張ってみます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 製造業の原価率vs外食産業の原価率
  2. タスクビンゴ実行の様子
  3. テクノアクセサリーモジュール モーターモジュール
  4. LINEicon
  5. 降ってくるコインのイメージ
  6. 取材の様子キャプチャ

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ