WordPress Google Analyticsでアクセス解析



Google AnalyticsでWordPressサイトをアクセス解析

アクセス解析にGoogle Analyticsを導入しました。

WordPressではGoogleAnalytics対応のプラグインがたくさんあります。

が、プラグインを入れればそれで良いわけではなく、GoogleAnalyticsの解析用ソースコードをブログに挿入する必要があります。
プラグインはあくまで、WordPressのメニュー画面に解析結果を見られるページを追加してくれるだけみたいですね。

自分用メモ:今後プラグインを入れるのであれば、「G Analytics」が良さそうです。
日本語対応だから!(←相変わらず英語から逃走中)

私はプラグインは必要ないので、単純に解析用ソースコードを挿入するだけにしました。

以下、やり方メモです。
 

Google Analytics側

Google Analyticsのサイトに行き、Gmailアカウントでログインします。
(アカウントを持っていない人は新規取得)

「Google Analyticsに申し込む」から、一連の登録作業を行います。

サイトの追加や新規登録は、アナリティクス設定→プロパティのところにあるドロップダウンリストから「新しいプロパティを作成」を選択することができます。

googleanalytics設定画面

ユニバーサルか標準かを選ぶところがありますが、今のところは標準の方が良いようです。
(ユニバーサルは設定が複雑で、初心者はついていけないそうです)

ウェブサイト名、URL、業種、タイムゾーンは日本を選択して、「トラッキングIDを取得」を押下すれば登録完了です。

するとトラッキングコードというものが生成されるので、それをWordPress(ブログ)に貼り付けます。
 

WordPress(ブログ)側

WordPressのメニュー画面の
外観→テーマの編集→header.phpを選択。

header.php内の<head>~</head>間のどこかに挿入すればOKです。
</head>の真上あたりで良いのではないでしょうか。

WordPressでないブログでも、
・HTMLが直接編集できるようであれば<head>~</head>間のどこか
・フリープラグインという項目があればそこに
・サイドバーのフリースペースでも大抵なんとかなる(なんとかならない場合もある)
のどれかで対応できると思います。

さぁ、これでここがどれだけ過疎ってるかがわかるぞー!(自虐

ちなみに反映まで丸一日ほどかかるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. BlueMail設定 アカウントが追加された様子
  2. ラクスル印刷プレビューPDF
  3. BASE独自ドメイン
  4. materialize用HTMLを表示した様子、Windowが大きい場合

コメントをお待ちしております

Rippoutai管理人


モノづくり起業を応援するRippoutai管理人、電気女子の顔写真です


電気女子(はまこ)

ワーキングマザーをしながら、サイドビジネスで小型電子モジュールの製造・販売をしています。
クラウドファンディングで1000%支援達成の実績あり。

モノづくり副業応援!
山梨起業応援!

アーカイブ